2、タイトルを決めよう

音楽教室向けのホームページ講座第2回目。

テーマは、

「タイトルを決めよう」

です。

ホームページのタイトルは、わりと考えずにつけている先生が多かったですが、実は検索結果に表示されるようにしていくためには、とても重要な場所になります。

ホームページのタイトルは、「曲名」と同じくらい重要です。

演奏会のプログラムに「交響曲」と書いてあるか「協奏曲」と書いてあるか「ピアノソナタ」と書いてあるかで、その曲がどんな編成でどんな演奏になるのか、大体想像がつくと思います。

それと同じで、検索エンジン(グーグル)もホームページのタイトルを見て、

「これは浜松市のフルート教室のことが書かれているホームページだな」

のように理解して評価をしてくれるようになります。

では、実際に音楽教室のホームページのタイトルはどうすればいいのでしょうか?

タイトルは、第1回目の時にお伝えした「キーワード」を入れて作るようにします。

キーワードは、「地名」「駅名」「〇〇教室」(〇〇は教えている楽器名)になります。

例えば、私のホームページは「浜松市 フルート教室」で検索すると1位に表示されていますが、タイトルは、

「小林聡フルート教室|浜松市南区のフルート教室」

にしてあります。

地域名は「浜松市」「南区」、教室名は「フルート教室」のキーワードを入れて作ってあります。

そうすると、検索エンジン(グーグル)は、「浜松市南区のフルート教室について書かれたホームページだな」と認識してくれるようになっていきます。

ホームページのタイトルの付け方がよく分からない方は、

「浜松市南区の小林聡フルート教室」

このような形で、「地域名」と「教室名」のキーワードを並べるだけでも大丈夫です。


タイトルの付け方では、注意点が2点あります。

まず1つ目、教室名が「〇〇音楽教室」のように音楽教室になっている方は、必ず教えている楽器名を入れるようにしましょう。

※ピアノ教室を探している人は「〇〇市 音楽教室」よりも「〇〇市 ピアノ教室」などで検索することが多いため

2つ目、教室名がイタリア語などの原語になっている方は、タイトルの中の教室名を「カタカナ」で入れておくようにしましょう。

※検索する時はカタカナで検索するため

知っている方にとっては本当に当たり前のことですが、楽器の演奏と同じで、当たり前のことをしっかりやっておくことが重要になります。

まずは、今のホームページのタイトルがどのようになっているのか、確認をするところから始めてみましょう。

次回第3回目は「説明文の設定しよう」です。

Point

ホームページのタイトルは、必ずキーワードを入れて作るようにしましょう。





2、タイトルを決めよう

音楽教室向けのホームページ講座第2回目。

テーマは、

「タイトルを決めよう」

です。

ホームページのタイトルは、わりと考えずにつけている先生が多かったですが、実は検索結果に表示されるようにしていくためには、とても重要な場所になります。

ホームページのタイトルは、「曲名」と同じくらい重要です。

演奏会のプログラムに「交響曲」と書いてあるか「協奏曲」と書いてあるか「ピアノソナタ」と書いてあるかで、その曲がどんな編成でどんな演奏になるのか、大体想像がつくと思います。

それと同じで、検索エンジン(グーグル)もホームページのタイトルを見て、

「これは浜松市のフルート教室のことが書かれているホームページだな」

のように理解して評価をしてくれるようになります。

では、実際に音楽教室のホームページのタイトルはどうすればいいのでしょうか?

タイトルは、第1回目の時にお伝えした「キーワード」を入れて作るようにします。

キーワードは、「地名」「駅名」「〇〇教室」(〇〇は教えている楽器名)になります。

例えば、私のホームページは「浜松市 フルート教室」で検索すると1位に表示されていますが、タイトルは、

「小林聡フルート教室|浜松市南区のフルート教室」

にしてあります。

地域名は「浜松市」「南区」、教室名は「フルート教室」のキーワードを入れて作ってあります。

そうすると、検索エンジン(グーグル)は、「浜松市南区のフルート教室について書かれたホームページだな」と認識してくれるようになっていきます。

ホームページのタイトルの付け方がよく分からない方は、

「浜松市南区の小林聡フルート教室」

このような形で、「地域名」と「教室名」のキーワードを並べるだけでも大丈夫です。


タイトルの付け方では、注意点が2点あります。

まず1つ目、教室名が「〇〇音楽教室」のように音楽教室になっている方は、必ず教えている楽器名を入れるようにしましょう。

※ピアノ教室を探している人は「〇〇市 音楽教室」よりも「〇〇市 ピアノ教室」などで検索することが多いため

2つ目、教室名がイタリア語などの原語になっている方は、タイトルの中の教室名を「カタカナ」で入れておくようにしましょう。

※検索する時はカタカナで検索するため

知っている方にとっては本当に当たり前のことですが、楽器の演奏と同じで、当たり前のことをしっかりやっておくことが重要になります。

まずは、今のホームページのタイトルがどのようになっているのか、確認をするところから始めてみましょう。

次回第3回目は「説明文の設定しよう」です。

Point

教室の宣伝をする媒体を何も持っていない場合は、まず教室のホームページを作ることを考えましょう。



Copyright (C) 2021
音楽教室ホームページ制作.com
All Rights Reserved.