ピアノ・音楽教室の生徒募集のためにやるべきこと

音楽教室やピアノ教室の生徒募集のためには、いかに自分の教室を宣伝していくか、ということがとても大切になります。

それだけ素晴らしいレッスンをしていたとしても、教室があることを知ってもらえなければ、なかなか生徒は集まりません。

逆に、キャリアがあまりないと悩んでいる教室の先生でも、自分の教室の宣伝がしっかりと出来ていれば生徒募集がうまくいきます。

自分の音楽教室の宣伝をして生徒募集につなげていくためには、まずは教室を宣伝をする媒体が必要になります。

では、音楽教室の宣伝に使える媒体にはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

ホームぺージ

まずピアノ教室、音楽教室の生徒募集・宣伝のために持っていたいのは、今の時代持っていて当たり前になった「ホームぺージ」です。

音楽教室やピアノ教室だけではなく、今はどんなお店を探すのもまずはインターネットで検索をします。

その時に、教室のホームぺージを持っていれば、インターネット上で自分の音楽教室やピアノ教室の宣伝をして生徒募集につなげていくことができます。

また、ホームページがあるだけで教室の信用度も上がるので、教室の宣伝や生徒募集をするには必須の媒体です。

教室のホームページを持つためには、自分で作る方法や業者にお願いして作ってもらう方法があります。

どちらの場合でもメリット・デメリットがありますので、記事を読んでどちらの方法でホームページを作るのか考えてみましょう。

Point

教室の宣伝をする媒体を何も持っていない場合は、まず教室のホームページを作ることを考えましょう。

ブログ

ブログも、自分のピアノ教室、音楽教室の生徒募集や宣伝をするのに使える媒体の1つです。

ホームぺージと違って、教室であった日常的なことや毎日のレッスンの中での出来事など、ホームぺージに比べると軽い内容を投稿するのに向いています。

また、ブログも使い方を考えていけば、インターネットの検索結果で自分の教室の宣伝をしていくことができます。

ホームぺージは持っているけれど、教室の細かい情報も発信していきたい、という方におすすめです。

Point

ネットの知識がなくても手軽に始めることが出来ます。ホームぺージよりも簡単です。

インスタ

インスタグラムなどのSNSなども、自分の教室の生徒募集・宣伝をするために使える媒体です。

最近は、ピアノ教室やリトミック教室をやられている先生方は、インスタグラムを使っている先生が増えている印象です。

インスタグラムなどのSNSは、無料で手軽に始めることができます。

また、投稿もやり方を覚えてしまえばとても使いやすいので、それも音楽教室の先生方に人気のある理由の1つです。

教室の宣伝以外にも、全国の先生方とつながることが出来るので、悩みを共有出来たり情報を集めやすかったりというメリットもあります。

Point

写真や動画を投稿したい方におすすめ。他の先生方でも使っている方が多いので、どうやって宣伝していけばいいのかお手本にすることも出来ます。

チラシ

教室のチラシを作ることも、教室の生徒募集・宣伝をしていくためには有効な方法の1つです。

インターネットの媒体が増えてきているので以前に比べると数は減ってきていますが、それでも教室の宣伝に使える媒体です。

使い方を考えれば、短期間で大勢の人に教室の宣伝をすることができるので、今でも使っている先生の多い宣伝方法です。

Point

紙の媒体の中では最も即効性があります。作ってくれる業者も多いので、自分で作れない方でもすぐに出来るのが特長です。

しおり

しおりも、教室の宣伝にとても使いやすい媒体です。

しおりは、教室の宣伝用の媒体ですが、本に挟めるなど実用的なものなので、誰にでも渡しやすいのが特長です。

また、本に挟んで使うなど実用的なので、長期間保管をしてもらうことができます。

チラシのような即効性はありませんが、長い期間効果が見込めます。

Point

実用性があるので、音楽をやっていない方にでも渡すことができます。長期間保存してもらえるので、紹介や口コミを増やすのに活用できます。

まとめ

音楽教室やピアノ教室の生徒募集・宣伝をして生徒募集をしていくためには、必ず何か宣伝をする媒体が必要になります。

今の時代、ホームぺージは必須になってきていますが、それ以外にも自分が使いやすい、自分にあった宣伝方法を使っていくようにしましょう。





ピアノ・音楽教室の生徒募集のためにやるべきこと

音楽教室やピアノ教室の生徒募集のためには、いかに自分の教室を宣伝していくか、ということがとても大切になります。

それだけ素晴らしいレッスンをしていたとしても、教室があることを知ってもらえなければ、なかなか生徒は集まりません。

逆に、キャリアがあまりないと悩んでいる教室の先生でも、自分の教室の宣伝がしっかりと出来ていれば生徒募集がうまくいきます。

自分の音楽教室の宣伝をして生徒募集につなげていくためには、まずは教室を宣伝をする媒体が必要になります。

では、音楽教室の宣伝に使える媒体にはどんなものがあるのか、見ていきましょう。

ホームぺージ

まずピアノ教室、音楽教室の生徒募集・宣伝のために持っていたいのは、今の時代持っていて当たり前になった「ホームぺージ」です。

音楽教室やピアノ教室だけではなく、今はどんなお店を探すのもまずはインターネットで検索をします。

その時に、教室のホームぺージを持っていれば、インターネット上で自分の音楽教室やピアノ教室の宣伝をして生徒募集につなげていくことができます。

また、ホームページがあるだけで教室の信用度も上がるので、教室の宣伝や生徒募集をするには必須の媒体です。

教室のホームページを持つためには、自分で作る方法や業者にお願いして作ってもらう方法があります。

どちらの場合でもメリット・デメリットがありますので、どちらの方法でホームページを作るのか考えてみましょう。

Point

教室の宣伝をする媒体を何も持っていない場合は、まず教室のホームページを作ることを考えましょう。

ブログ

ブログも、自分のピアノ教室、音楽教室の生徒募集や宣伝をするのに使える媒体の1つです。

ホームぺージと違って、教室であった日常的なことや毎日のレッスンの中での出来事など、ホームぺージに比べると軽い内容を投稿するのに向いています。

また、ブログも使い方を考えていけば、インターネットの検索結果で自分の教室の宣伝をしていくことができます。

ホームぺージは持っているけれど、教室の細かい情報も発信していきたい、という方におすすめです。

Point

ネットの知識がなくても手軽に始めることが出来ます。ホームぺージよりも簡単です。

インスタ

インスタグラムなどのSNSなども、自分の教室の生徒募集・宣伝をするために使える媒体です。

最近は、ピアノ教室やリトミック教室をやられている先生方は、インスタグラムを使っている先生が増えている印象です。

インスタグラムなどのSNSは、無料で手軽に始めることができます。

また、投稿もやり方を覚えてしまえばとても使いやすいので、それも音楽教室の先生方に人気のある理由の1つです。

教室の宣伝以外にも、全国の先生方とつながることが出来るので、悩みを共有出来たり情報を集めやすかったりというメリットもあります。

Point

写真や動画を投稿したい方におすすめ。他の先生方でも使っている方が多いので、どうやって宣伝していけばいいのかお手本にすることも出来ます。

チラシ

教室のチラシを作ることも、教室の生徒募集・宣伝をしていくためには有効な方法の1つです。

インターネットの媒体が増えてきているので以前に比べると数は減ってきていますが、それでも教室の宣伝に使える媒体です。

使い方を考えれば、短期間で大勢の人に教室の宣伝をすることができるので、今でも使っている先生の多い宣伝方法です。

Point

紙の媒体の中では最も即効性があります。作ってくれる業者も多いので、自分で作れない方でもすぐに出来るのが特長です。

しおり

しおりも、教室の宣伝にとても使いやすい媒体です。

しおりは、教室の宣伝用の媒体ですが、本に挟めるなど実用的なものなので、誰にでも渡しやすいのが特長です。

また、本に挟んで使うなど実用的なので、長期間保管をしてもらうことができます。

チラシのような即効性はありませんが、長い期間効果が見込めます。

Point

実用性があるので、音楽をやっていない方にでも渡すことができます。長期間保存してもらえるので、紹介や口コミを増やすのに活用できます。

まとめ

音楽教室やピアノ教室の宣伝をして生徒募集をしていくためには、必ず何か宣伝をする媒体が必要になります。

今の時代、ホームぺージは必須になってきていますが、それ以外にも自分が使いやすい、自分にあった宣伝方法を使っていくようにしましょう。



Copyright (C) 2021
音楽教室ホームページ制作.com
All Rights Reserved.