ピアノ教室・音楽教室の宣伝をするために

ピアノ教室だけでなく、フルート教室やバイオリン教室などの音楽教室をしていくために最も大事なことは何でしょうか?

それは、

「生徒募集」と「宣伝」

です。

どんなにすばらしいレッスンをしていても、生徒募集がうまくいかずに教室運営がうまくいかない、というお話は色々なところで聞いていると思います。

また、生徒募集をしていくためには、教室の宣伝をしていくことは必要不可欠です。

生徒募集をするために、何を使って宣伝をしていくのか。

ここを考えることが、とても大切です。

生徒募集に関する勘違い

では、「生徒募集」をしていくために必要なことは何でしょうか?

・出身大学や留学経験の有無
・今までのコンクールでの実績
・生徒のコンクールでの実績


このように考えている方も多いのではないでしょうか?

実際に、同じ楽器を教えている同業者の中ではこのような話が出ていると思います。

そうなると、

・私は海外に留学をしていないからダメなんだ
・コンクールに入賞歴がないから生徒が増えないんだ
・もっと実績を積まないといけないんだ


と思ってしまいがちです。

でも、実際はどうかというと、自分の教室を宣伝したり生徒募集をしていくには、今までの実績はあまり関係してきません。

宣伝する媒体を持とう

では、あなたのピアノ教室や音楽教室を宣伝していくために、何をすればいいのでしょうか?

考え方は人それぞれですが、まずはあなたの教室を知ってもらう「媒体」を揃えていくことが必要になっていきます。

「媒体」というのは、

・インターネットで教室を宣伝するためのホームぺージ
・人と会った時に渡す名刺や紹介カード
・インスタグラムなどのSNS

大きく分けると、この3つになります。

ホームぺージ

名刺
紹介カード

インスタなど
SNS



軸になるのは教室のホームページ

まず、ピアノ教室や音楽教室の宣伝・生徒募集の中心になるのは、教室のホームページです。

特に今のコロナ禍で人に会う機会が減っている今の時代には、ホームぺージはなくてはならない宣伝ツールです。

ホームページを持っている教室と、ホームページを持っていない教室では、やはり持っている教室の方が信用や信頼は上がります。

教室の生徒募集には、信用や信頼は大きく関わってくるので、まだ教室のホームページを持っていない先生は、まず教室のホームページを作るところから始めましょう。

最近では、自分でホームページを作れるサービスも増えてきています。

ただ、それでも完成までに手間や時間はかかりますので、自分で作ることが不安な方はこちらでホームページを作ることも可能です。

※現在はピアノ教室のホームページのみ制作しています。

ピアノ教室のホームページ制作はこちら

名刺や紹介カードを使おう

名刺や紹介カードを作っておくことも、自分のピアノ教室や音楽教室の宣伝・生徒募集をするのに役に立ちます。

ピアノ教室や音楽教室というのは、口コミや紹介が体験レッスン・入会につながるケースが多い業種です。

ただ、例えばすでに教室に通っている生徒さんが他の方に教室のことを紹介する時に、何か渡せるものがあった方が問い合わせにつながりやすくなります。

名刺や紹介カードは自分で作ることも可能なので、ネットの情報を見ながら作ってみましょう。

自分で名刺を作る作り方

この時に一工夫しておきたいのは、名刺や紹介カードから教室のホームページにアクセスできるようにしておくことです。

一般的なものは、ホームページにアクセスするためのQRコードを載せておくことでしょう。

名刺や紹介カードはサイズが小さく、たくさんの情報を載せることはできません。

そこで、名刺や紹介カードからホームページに飛んでもらうことにより、教室のことを知ってもらえ、そこから問い合わせにつながるようになります。

QRコードは、QRコードを作る専用のサイトがあるので、そこを利用すれば無料で簡単に作成が可能です。

QRコードを作成するのは、「QRのススメ」というサイトを利用します。

QRのススメはこちら

作り方は簡単で、

1、教室のホームページのURLを入力して「作成する」ボタンを押す。
2、その下に出来上がったQRコードが表示されるので、その下にある「ダウンロードする」を押してQRコードをダウンロードする

この2ステップで自分の教室のQRコードを作成することが出来ます。

作ったQRコードは色々な場所で使えるので、ホームページにアクセスしてもらえるように活用していきましょう。

インスタなどのSNSを使おう

手軽に始められて宣伝効果のあるものとしては、インスタグラムなどのSNSもあります。

インスタグラムなどのSNSは手軽に地域の方とつながることが出来るので、最近は利用している先生方が増えてきています。

SNSにはインスタグラムの他にツイッターやフェイスブックなどがありますが、地域の方とのつながりやすさを考えると、インスタグラムが一番使いやすいかもしれません。

教室のインスタグラムを始める場合は、

・誰とつながるのか
・何を投稿するのか

この2つを決めておくと、あまりストレスなく続けていくことができます。


〇誰とつながるか

音楽教室の場合は、習いに来てくれるのは地域に住んでいてピアノ教室を探している方です。

子供を中心にレッスンをしている教室でしたら子供のお母さんとつながっていくのがいいので、

お住いの地域に住んでいる20代~40代の女性

を中心につながっていきましょう。

つながり方は、インスタグラムの検索窓でその地域に住んでいる20代~40代の女性の方が投稿のハッシュタグに使っていそうなキーワードを検索してフォローしていきます。


〇何を投稿していくか

何を投稿していくかは、子供にピアノを習わせたい方に「ピアノ教室をやっていますよ」ということが伝わる内容を投稿していきます。

ピアノの先生方のインスタグラムを見ていると、レッスンの様子を動画で撮影して投稿していたり、レッスン風景や使っている教材、アイテムなどを写真に撮って投稿していたりします。

このあたりは、得手不得手もありますので、色んな先生方の投稿を見ながら投稿する内容を決めていくのがいいと思います。


〇ホームページの宣伝

インスタグラムは、プロフィール欄にホームページのURLを設定できるようになっています。

投稿する記事にURLを載せてもホームページには飛べないので、記事の最後の方で「教室のホームページはプロフィール欄からご覧ください」などの文章を入れておきます。

そうすることで、インスタグラムからホームページにアクセス、そこから問い合わせ、という流れを作ることができます。

まとめ

ピアノ教室や音楽教室の宣伝では、

何をどう使うか

これが大切になっていきます。

宣伝・生徒募集のはホームページを中心にして、そこにどうやって人を集めていくのかを考えていくようにしましょう。

そうすることで、宣伝・集客がしやすい環境を作っていくことができます。

そこを時間をかけて地道に行っていくことで、自然に生徒が集まってくる環境を作っていきましょう。





ピアノ教室・音楽教室の宣伝をするために

ピアノ教室だけでなく、フルート教室やバイオリン教室などの音楽教室をしていくために最も大事なことは何でしょうか?

それは、

「生徒募集」と「宣伝」

です。

どんなにすばらしいレッスンをしていても、生徒募集がうまくいかずに教室運営がうまくいかない、というお話は色々なところで聞いていると思います。

また、生徒募集をしていくためには、教室の宣伝をしていくことは必要不可欠です。

生徒募集をするために、何を使って宣伝をしていくのか。

ここを考えることが、とても大切です。

生徒募集に関する勘違い

では、「生徒募集」をしていくために必要なことは何でしょうか?

・出身大学や留学経験の有無
・今までのコンクールでの実績
・生徒のコンクールでの実績


このように考えている方も多いのではないでしょうか?

実際に、同じ楽器を教えている同業者の中ではこのような話が出ていると思います。

そうなると、

・私は海外に留学をしていないからダメなんだ
・コンクールに入賞歴がないから生徒が増えないんだ
・もっと実績を積まないといけないんだ


と思ってしまいがちです。

でも、実際はどうかというと、自分の教室を宣伝したり生徒募集をしていくには、今までの実績はあまり関係してきません。

宣伝する媒体を持とう

では、あなたのピアノ教室や音楽教室を宣伝していくために、何をすればいいのでしょうか?

考え方は人それぞれですが、まずはあなたの教室を知ってもらう「媒体」を揃えていくことが必要になっていきます。

「媒体」というのは、

・インターネットで教室を宣伝するためのホームぺージ
・人と会った時に渡す名刺や紹介カード
・インスタグラムなどのSNS


大きく分けると、この3つになります。

ホームぺージ

名刺
紹介カード

インスタなど
SNS



まずは教室のホームページを作ろう

まず、ピアノ教室や音楽教室の宣伝・生徒募集の中心になるのは、教室のホームページです。

特に今のコロナ禍で人に会う機会が減っている今の時代には、ホームぺージはなくてはならない宣伝ツールです。

ホームページを持っている教室と、ホームページを持っていない教室では、やはり持っている教室の方が信用や信頼は上がります。

教室の生徒募集には、信用や信頼は大きく関わってくるので、まだ教室のホームページを持っていない先生は、まず教室のホームページを作るところから始めましょう。

最近では、自分でホームページを作れるサービスも増えてきています。

ただ、それでも完成までに手間や時間はかかりますので、自分で作ることが不安な方はこちらでホームページを作ることも可能です。

※現在はピアノ教室のホームページのみ制作しています。

ピアノ教室のホームページ制作はこちら

名刺や紹介カードを使おう

名刺や紹介カードを作っておくことも、自分のピアノ教室や音楽教室の宣伝・生徒募集をするのに役に立ちます。

ピアノ教室や音楽教室というのは、口コミや紹介が体験レッスン・入会につながるケースが多い業種です。

ただ、例えばすでに教室に通っている生徒さんが他の方に教室のことを紹介する時に、何か渡せるものがあった方が問い合わせにつながりやすくなります。

名刺や紹介カードは自分で作ることも可能なので、ネットの情報を見ながら作ってみましょう。

自分で名刺を作る作り方

この時に一工夫しておきたいのは、名刺や紹介カードから教室のホームページにアクセスできるようにしておくことです。

一般的なものは、ホームページにアクセスするためのQRコードを載せておくことでしょう。

名刺や紹介カードはサイズが小さく、たくさんの情報を載せることはできません。

そこで、名刺や紹介カードからホームページに飛んでもらうことにより、教室のことを知ってもらえ、そこから問い合わせにつながるようになります。

QRコードは、QRコードを作る専用のサイトがあるので、そこを利用すれば無料で簡単に作成が可能です。

QRコードを作成するのは、「QRのススメ」というサイトを利用します。

QRのススメはこちら

作り方は簡単で、

1、教室のホームページのURLを入力して「作成する」ボタンを押す。

2、その下に出来上がったQRコードが表示されるので、その下にある「ダウンロードする」を押してQRコードをダウンロードする


この2ステップで自分の教室のQRコードを作成することが出来ます。

作ったQRコードは色々な場所で使えるので、ホームページにアクセスしてもらえるように活用していきましょう。

インスタなどのSNSを使おう

手軽に始められて宣伝効果のあるものとしては、インスタグラムなどのSNSもあります。

インスタグラムなどのSNSは手軽に地域の方とつながることが出来るので、最近は利用している先生方が増えてきています。

SNSにはインスタグラムの他にツイッターやフェイスブックなどがありますが、地域の方とのつながりやすさを考えると、インスタグラムが一番使いやすいかもしれません。

教室のインスタグラムを始める場合は、

・誰とつながるのか
・何を投稿するのか

この2つを決めておくと、あまりストレスなく続けていくことができます。


〇誰とつながるか

音楽教室の場合は、習いに来てくれるのは地域に住んでいてピアノ教室を探している方です。

子供を中心にレッスンをしている教室でしたら子供のお母さんとつながっていくのがいいので、

お住いの地域に住んでいる20代~40代の女性

を中心につながっていきましょう。

つながり方は、インスタグラムの検索窓でその地域に住んでいる20代~40代の女性の方が投稿のハッシュタグに使っていそうなキーワードを検索してフォローしていきます。


〇何を投稿していくか

何を投稿していくかは、子供にピアノを習わせたい方に「ピアノ教室をやっていますよ」ということが伝わる内容を投稿していきます。

ピアノの先生方のインスタグラムを見ていると、レッスンの様子を動画で撮影して投稿していたり、レッスン風景や使っている教材、アイテムなどを写真に撮って投稿していたりします。

このあたりは、得手不得手もありますので、色んな先生方の投稿を見ながら投稿する内容を決めていくのがいいと思います。


〇ホームページの宣伝

インスタグラムは、プロフィール欄にホームページのURLを設定できるようになっています。

投稿する記事にURLを載せてもホームページには飛べないので、記事の最後の方で「教室のホームページはプロフィール欄からご覧ください」などの文章を入れておきます。

そうすることで、インスタグラムからホームページにアクセス、そこから問い合わせ、という流れを作ることができます。

まとめ

ピアノ教室や音楽教室の宣伝では、

何をどう使うか

これが大切になっていきます。

宣伝・生徒募集のはホームページを中心にして、そこにどうやって人を集めていくのかを考えていくようにしましょう。

そうすることで、宣伝・集客がしやすい環境を作っていくことができます。

そこを時間をかけて地道に行っていくことで、自然に生徒が集まってくる環境を作っていきましょう。



Copyright (C) 2021
音楽教室ホームページ制作.com
All Rights Reserved.